01. 2010年 1/10放送分

横尾忠則 【アート編】

白い壁の部屋。茶色の丸いコーヒーテーブルの上に金の額縁に入ったフォトビジョンが置かれ(画像は忘文のロゴ)、テーブルの右には1mくらいの大きさの忘れ文ポスト、その後ろの壁際に小さめの茶色い自転車。左に木製のいすに座った吾郎。右足を上にして足を組み、両手で膝を抱えている。
黒いロングコートをはおり、インナーは黒字に赤のダイヤ、白いラインのアーガイルのニット、襟先の丸い白いシャツ、ネクタイはしろ、赤、黒、水色のチェック。パンツはライトグレー、靴もライトグレー(キャンバス地?)につま先が黒のコンビ。
吾郎の後ろに三脚に乗った蛇腹式の古いカメラ、その後ろにはフロント部分にちょっとアールヌーボー風の装飾のされたジュークボックスが置かれている。

これまで、様々な憂いを忘れさせてくれた忘れ文。
今日からは、心を潤し日々の憂いを忘れさせてくれる、美の不思議な魅力をお届けします。
忘文〜Beautiful Season〜、あなたも心を潤す美の世界へ、これから旅をしてみませんか。

忘文 〜Beautiful Season〜

人生は短し、されど芸術は長し。
本日訪れる方はいったい、どんなアートを生み出し、そしてどんなライフを送っているのでしょうか。

横尾忠則 日本が世界に誇る孤高の天才アーティスト

忘文〜Beautiful Season〜、記念すべき第一回目のアーティストは、横尾忠則さん。
60年代より、グラフィックデザイナーとして国際的に活躍した横尾さん。
三島由紀夫やジョン・レノンなど、多彩なジャンルにわたり交流、その作品は世界各国の美術館に収蔵されています。
また小説「ぶるうらんど」でも、泉鏡花文学賞を受賞するなど、常に世代を超えて影響を与え続ける、国際的アーティストに、アートについてお話を伺います。

(吾郎の紹介ナレーションに、画面左に横尾さんの作品が次々映し出され、右側には数々の受賞暦の年表が流れる。)

横尾氏登場。テーブルを挟んで右側に座っている。(ポストが左に移動)
画面上下が黒く切られ、シネマサイズに変わる。
上部中央には、横尾忠則【アート篇】、下部にトークのテーマが出ている。

横尾忠則 国際的な天才アーティスト【アート編】

吾郎 「よろしくお願いいたします。なんか早速、先生のお好きなお茶を用意させていただいたんですけれども。こちら、チャイを入れさせていただいたんですが。」
横尾 「ああ、そうですか。はいはい。」
吾郎 「うん。どうですか。」
横尾 「うんまあ、こんなもんですね。」
吾郎 「こんなもんですか。」
横尾 「うちでもよく作るんですよ。」
吾郎 「ああ、そうですか。本日はですね、横尾さんのアートの世界を覗いてみたいんですけれども。失礼いたします。」
吾郎、蛇腹式の古いカメラを手に取る。

Art Camera【アートカメラ】
レンズを向けた芸術家の情報がファインダーに表示されるカメラ

吾郎 「ポーズなんかとっていただいて。」
横尾 「とういうポーズ?こうですかね。」
ピースサインをする横尾氏。

『芸術のテーマ』
吾郎 「さあ、ではいくつか気になったことをお伺いさせていただきます。まずですね、横尾さんの芸術のテーマ、すごい漠然としていますよね。」
横尾 「芸術のテーマって言うのか、作品のテーマはありますよね。それはその都度。」
吾郎 「そうですよね。」
横尾 「テーマって言うのは自分の中から作るとかね、生まれるものっていうのではなくて、むしろね、やって来るっていうのかな、向こうからやってくるっていうのか。出会い頭で、波長が合えばそれをテーマにしてもいいかなっていうね。過去の、特に十代ね、子供の頃のいろんな経験とか、いろいろ体験した、あるいは思い悩んだものとか。そういうまあ僕結構ね、子供時代がテーマといえばテーマかな。」

『芸術の源流』
吾郎 「子供の頃の作品が、もうなんかいくつかあるんですよね。」
横尾 「子供の頃に描いたものっていうのはね、まああるんだけれども、それはまああくまでも子供の絵だったり、あんまり知らないじゃないですか。だからそこには作品を作るぞっていう意思は非常に希薄なものですよね。ある意味で十代っていうのはね、想像力の宝庫っていっていいのかな。不透明な部分がいっぱいあるじゃないですか。言葉にも出来ない。観念としてもまだそれがちゃんと言い表せない、そういう状態じゃないですか。混沌とした状態ですよね。だからそういった混沌としたね、不透明なそういう要素が、その後の人生にこういろいろ影響を与えていったり、まあ作品にも影響を与えたりしてね。そこがまあ、源流といえば源流かな、という感じですよね。」

『幼児性』
横尾 「子供の、まあ幼児性って言ったらいいのかな、子供それから少年性っていうものは、芸術にとって非常に重要なものだと思うんですよ。核になるものだと思うわけね。子供っていうのは感覚的に生きてるわけですよね。それをこう大人になるとさ、もっと観念的に物事を考えたり捉えたりしますよね。そうすると作品もどうしても観念的なものになってくる。そうするとやっぱりそれはね、非常にこう狭い世界を描いていることになっちゃうんですよ。」
吾郎 「結果そうですよね。」
横尾 「だから普遍的なものってやっぱり僕は子供の時代のね、いろんな受けた影響とかですね。」

『芸術家の本能』
吾郎 「だいたいなんか価値観って出来上がってるんですよ、子供の頃に。ちょっときれいだと思うものとか、好きなにおいとか。」
横尾 「それはたぶんね、僕ね、本能だと思うんですよ、子供の頃の。 それが大人になると本能そのものが、むしろ失いはしてないんだけれども、隠蔽されてしまうんですよね。それでそこに社会的、常識的、そういうものに乗っ取られていくっていうのかな。そしてそれを価値観にしてしまう。だから本能を価値観にした方が、より芸術的っていう行為に近いんじゃないかなと思いますよね。」
吾郎 「う〜ん、なるほどねぇ。それは僕らの仕事でもすごく重要なことだと思うんで。」
横尾 「稲垣さん達のやってらっしゃるのは、ほとんど本能じゃないですか。」
吾郎 「本来はそうですよね。あと人の本能を揺さぶったり、くすぐる事が大切な仕事ですからね、元をただせば。」
横尾 「だからそこに感動っていうのが生まれるわけでしょ。」
吾郎 「そうですねぇ。」

『最新の作品』
吾郎 「今出されている写真集、Y字路の写真集も、子供時代に見た風景。」
横尾 「そうです。子供の頃によく訪ねたお店があったんですよ。模型屋さんが。」
吾郎 「あ〜、わかりますねぇ、そういうのってね。」
横尾 「それがね、何十年か後に行った訳ですよ、50年後くらいにね。そしたらそこが取り外されて無かったんですよ。だからそこを記念写真撮りましょ、というので写真撮ったんです。翌日その写真を見ると、不思議な場所に見えたんですよ。模型屋さんが無い、僕の知らない場所が写ってた。その場所がたまたま三叉路、Y字路になっていた。写真ではじめて、あれ、この場所って道が二つに分かれてて面白いね、これをひとつ絵にしてみようかなって。」
吾郎 「でも子供の頃は全くそのY字路には興味が無かったんですね。」
横尾 「Y字路そのものには興味なかった。そんなのいちいち興味持ってると大変なことになる。」
吾郎 「迷子になっちゃいますよね。」

『アート創作の目的』
吾郎 「作品を創って、それはなんか人に対しての共感を得るという事なんですか?」
横尾 「共感を目的にしなければいいんじゃないんですかね。」
吾郎 「何で表現しているんでしょうかね。」
横尾 「創って人に伝えようっていうのは僕の場合は二義的で、それ以前に創作に対して思いっていうのか、気持ちにいかに従っているか、忠実にやっているかという事の方が大事で、その結果それが伝わるわけだから、それはもうほんとに、根本的なテーマですよね。」
吾郎 「一応商売として、ビジネスとしてやっている方、歌手の方、いろんな。」
横尾 「伝えることを前提にしたりさ、自分の思想を伝えようなんて思ったら、ギクシャクした不純なものになっちゃうんじゃないですかね。創る側が面白がって楽しみながら創らないと。」

『画家宣言』
吾郎 「商業的なグラフィックデザインのお仕事からこの自由な画家さんへ変わった時期っていうのはいつ頃なんですか?」
横尾 「かれこれ30年前ですね。NY近代美術館でピカソ展を見たときに、それをきっかけに、やっぱり僕は絵なんだっていう。」
吾郎 「なるほどねぇ。」

『絵を描く快感』
吾郎 「じゃあ今一番楽しいのは絵を描いてる時ですよね。」
横尾 「いろいろ発見するんですよね。すでに他人は発見しているかも知れないけど、僕自身は発見していない事柄って山ほどあるわけですよ。それを自分の中で発見していくっていう事。例えばピカソはそんなことはとっくの昔に発見した、僕も発見した、だけど発見した結果をなぞるんじゃなくてね、自分が書き続ける中でね、あれ、こんなことが出来ちゃったとか、それも発見ですよね。そのときはすごい自由と快感っていうのかな、あ、これだったんだ。」

『2010年の横尾流アート』
横尾 「僕は今ね、いろんなスタイルといろんなテーマを同時進行でやっているんですよ。」
吾郎 「スタイルとテーマ?」
横尾 「うん、スタイルはね、あれもしたいこれもしたいっていうのは、森羅万象したいんですよ。だからそういうものを思いつきで、あ、これ描きたいと思ったら何の躊躇もなくそれを描く事にしているんです。で、どういう描き方をするかっていうのは、描く対象によって描き方が変わる訳ですよね。やわらかい物体を描く場合は柔らかい描き方をする、硬いものは硬く描くとかね。そこで表現が変わっていく訳ですよ。試みとして楽しい訳ですよね。」
吾郎 「楽しそうですねぇ。自分ももう少し年齢を重ねたときに、今日伺ったお話って絶対思い出すこととか、あ〜横尾さんがこんなこと言ってたなぁとか、たぶん強烈に僕の中で。」
横尾 「そんなもの忘れた方がいいんですよ。」
吾郎 「いやいやいや、忘れないくらい、結構こびりつくような、ええ。」

常に独自のアートをエネルギッシュに創作し続ける横尾忠則さん。
次回はそのライフスタイルにカメラをフォーカスさせ、天才アーティストの私生活の様子を伺います。

提供(三脚に乗せたカメラを覗く吾郎、右からのアップ)