10. 2010年 3/21放送分

ジェーン・バーキン 【前編】

(明るい日のさす大きな窓のある部屋。ホテルの会議室のような感じ。窓の外には緑の木々。吾郎はダークグレイのスーツ、白いシャツ、エンジに白いチェックのネクタイ。)

人生は短し されど 芸術は長し・・・

世界を魅了する女優。そして天使のようなウィスパーボイスで歌う歌手。その類まれなる美貌と才能で常に時代をリードし、世界中の人々を魅了し続けてきたアーティスト。そんな彼女にとっての美とはいったい、何なのでしょうか。忘文〜Beautiful Season〜、あなたも美の世界へ、旅立ってみませんか。

忘文 〜Beautiful Season〜

ジェーン・バーキン(Jane Burkin)、1946年、イギリスに生まれ、ファッションモデルを経て18歳で映画『ナック』に出演。その後、カンヌ映画祭パルムドール受賞作『欲望』で一躍脚光を浴びる。1968年フランスに渡り、映画『スローガン』に出演。相手役であったセルジュ・ゲインズブールと運命の出会いを果たす。セルジュと結婚後、二人は公私にわたるパートナーとして活躍し、69年発表の『ジュテーム・モア・ノン・プリュ』で男女の愛を扇情的に表現。世界に衝撃をもたらした。その後、本格的に歌手活動を開始し、『ロリータ・ゴー・ホーム』『思い出のロックンローラー』『バビロンの妖精』などの名作を次々と発表。91年セルジュに先立たれた後も、悲しみを払拭するかのように精力的に活動。世界中の女性の憧れの的として、映画や音楽、ファッションなど、常に時代をリードし、話題を提供し続けている。今回、フランス映画祭2010の応援団長として来日。まさに美の象徴というべき、ジェーン・バーキンさんにお話を伺います。

フランス映画祭 Festival du Film Francis au Japon   2010.3.18(木)〜3.22(月・祝) TOHOシネマズ六本木ヒルズ

(小さい丸テーブルを挟んで左に吾郎、右にジェーン・バーキンが座っている)

吾郎 「お久しぶりです。覚えてますか?」(自分の胸に手を当てて)
(ジェーン・バーキン:以下JB、吾郎の左肩に手を置き、右頬、左頬の順につけ挨拶のキス)
吾郎 「2008年にスマップ×スマップの料理の、ビストロのコーナーに来ていただいて、そのときにあの、負けたシェフです。」
(画面には吾郎とJBのみ、画面外に通訳がいる)
吾郎 「まずはこの、お茶を召し上がっていただきたいんですけれども。本日は、緑茶を入れさせていただきました。」
(お茶碗をカチンと合わせ)JB「カンパイ」
吾郎 「これ、合いますよね。」(丸い小さな器に入ったお菓子をさして)
JB  (つまんでいくつか食べる)「おいしいです。ネトネトしてないですよね。」
吾郎 「ドライの納豆なので。ウエット、普通の納豆も食べれますか?」
JB  「大好きです。本当に好きです。」

『フランス映画祭2010』
吾郎 「今回あの、フランス映画祭の応援団長として来日されてるんですよね。」
JB  「今回団長に選ばれたのは日本の皆さんのおかげです。日本だったら私が喜んで引き受けることを主催者が分かっていたからだと思います。あとは私の出演作が出品されているということもありますが、それ以上に私と日本の35年続いている友好関係があるということをフランスの皆も知っているので、このオファーが来たんだと思います。」
『日本の女性』
吾郎 「日本の女性の中で、ジェーン・バーキンさんていうのはもう、いろんな意味で、ファッションもそうですけれども、女性としてもとてもカリスマ的な存在としているんですけれども。日本の女性はいかがですか?」
JB  「ここ10年の日本の女性の変化というのは目を見張るものがあると思います。38年前に日本に初めて来た時はまだ皆さん着物を着ていて、すごくおとなしくて、女性が一人でレストランやバーに行くなんてこともなかった。日本映画を見ているようで私たちは感動したけれど、日本の女性は不自由を感じていたと思います。フランスの政府は今、フランス人のアイデンティティとは何かということを言い出していますが、やはり皆が混ざり合うということにこそ、世界の未来があると思います。」
吾郎 「でもそんだけすごく日本のことを考えていただいている、そんだけ見てくれてるっていうのはうれしいですよ。」

『あこがれの国ニッポン』
JB  「ぜひ知っていただきたいのは、フランスでは日本は憧れの国だということ。日本食料理店には値段が高くても行くし、ヨージ・ヤマモトとか、メイクアップアーティストもすばらしい方がいっぱいいます。昔は日本人が二重まぶたに美容整形して西洋人に似せようとしたけれど、むしろ今は私たちが日本人をまねる時代です。料理、モード、メーク、香水もです。和食はおいしくて体にいいことにも気づいた。日本は私たちにとってお手本になっているということを皆さんにはぜひ知ってもらいたいと思います。」
吾郎 「いやでもそう言っていただけるとすごくうれしいのが、たぶん日本人の多くが、例えばフランス映画ってちょっと難しい映画なのかなとか、あとフランス人の方ってなんか敷居の高い存在、フランスっていうもの自体が。あこがれもあるんだけどちょっと手も届かないみたいな。日本人はたぶんそう思ってると思うんですよね。」

『異邦人』
JB  「フランスに行ったら男の人はみんなアラン・ドロンみたいで、ドアを開けてくれるとか、親切にしてくれるとかいうイメージで来ると、意外と無愛想で無関心なのでショックを受けるっていうことがあるんだと思います。私自身も外国からフランスに来たので分かります。私はフランス人の長所も短所も含めて大好きになった。一言二言の「ごめんなさい」とか「ありがとう」というフランス語を話すだけでも、「ごめんなさい」とか一言でもフランス語を話せば、フランス人は魅力を感じます。全然フランス人の態度も違うと思います。フランス人が愛する女優は、ロミー・シュナイダーとかクラウディア・カルディナーレとか、みんな外国の女優なんですね、シャーロット・ランプリングとか。フランス人は外国人に魅力を感じる人達なのです。フランス人の振る舞いにショックを受けないように気をつければ大丈夫。日本ではお店でもすごく丁寧に扱ってもらえます。礼儀がフランスと日本では違うのです。でもフランスに行く価値はあります。少しだけフランス語を話す努力をすれば、私のようにフランス人の良さが分かると思う。」

『フランス映画』
JB  「フランス映画については、そんなに難しいものばかりではありません。今回私が出ている『テルマ、ルイーズとシャンタル』も完全なコメディだし、50代の女性3人が男とか子供、家庭に嫌気がさしてみんなほったらかして旅に出ちゃう話ですし、有名な米映画『テルマ&ルイーズ』みたいにね。男性の視線によって自分は無価値な人間だと思い込まされてきた女性たちです。映画の最後に元夫、元恋人へ仕返しをきっかけに、あるがままの自分でいいんだ、「男にこびる必要はないんだ」と気づきます。フランスでは30万人観客動員しました。50代女性に希望と元気を与える映画です。他の世代の女性も元気になれますよ。決してアンチ男性映画ではなく、生き方についての映画、いかに自分の価値を見出すかがテーマの映画です。今回特にオススメが2本あります。まず『クリスマス・ストーリー』がすばらしいです。カトリーヌ・ドヌーヴ演じる女性が、自分は白血病だということが分かって脊髄移植が必要になるのですが、適合するのが唯一自分が一番嫌っている息子だったという話で、マチュー・アマルリックも出演していて最高に楽しい作品です。」
吾郎 「こうやってお話をうかがっていると、僕が初めて『ジュテーム・モワ・ノン・プリュ』とか観たときのことが蘇ってきて。うん。すごく衝撃的でした、やっぱり当時。僕まだ高校生くらいだった。ふふっ」
JB  「良かったでしょう」
吾郎 「よかったです、もちろん」
JB(吾郎の肩に手を伸ばしてにっこりと)「ありがとうございます」
吾郎 「僕らも日本で歌とかやってるんで、音楽活動も、ポップスですけれども、そういう数多くの音楽をいろいろ聴いていただいて、日本の映画や日本の音楽っていうのも知っていただきたいですね、すごく」
JB  「おっしゃるとおりです。デュオしましょう。」
吾郎 「あ〜いいですねぇ。『ジュテーム・モワ・ノン・プリュ』で。」
JB  「ノン!それはもう済んでいるので、何かオリジナルのアイデアを出してください。」

予告 次回 ジェーン・バーキン【後編】

提供(三脚に乗せたカメラを覗く吾郎、右からのアップ)