11. 2010年 3/28放送分

ジェーン・バーキン 【後編】

(明るい日のさす大きな窓のある部屋。ホテルの会議室のような感じ。窓の外には緑の木々。吾郎はダークグレイのスーツ、白いシャツ、エンジに白いチェックのネクタイ。)

人生は短し されど 芸術は長し・・・

世界を魅了する女優。そして天使のようなウィスパーボイスで歌う歌手。その類まれなる美貌と才能で常に時代をリードし、世界中の人々を魅了し続けてきたアーティスト。そんな彼女にとっての美とはいったい、何なのでしょうか。忘文〜Beautiful Season〜、あなたも美の世界へ、旅立ってみませんか。

忘文 〜Beautiful Season〜

ジェーン・バーキン(Jane Burkin)、1946年、イギリスに生まれ、ファッションモデルを経て18歳で映画『ナック』に出演。その後、カンヌ映画祭パルムドール受賞作『欲望』で一躍脚光を浴びる。1968年フランスに渡り、映画『スローガン』に出演。相手役であったセルジュ・ゲインズブールと運命の出会いを果たす。セルジュと結婚後、二人は公私にわたるパートナーとして活躍し、69年発表の『ジュテーム・モア・ノン・プリュ』で男女の愛を扇情的に表現。世界に衝撃をもたらした。その後、本格的に歌手活動を開始し、『ロリータ・ゴー・ホーム』『思い出のロックンローラー』『バビロンの妖精』などの名作を次々と発表。91年セルジュに先立たれた後も、悲しみを払拭するかのように精力的に活動。世界中の女性の憧れの的として、映画や音楽、ファッションなど、常に時代をリードし、話題を提供し続けている。今回、フランス映画祭2010の応援団長として来日。まさに美の象徴というべき、ジェーン・バーキンさんにお話を伺います。

(小さい丸テーブルを挟んで左に吾郎、右にジェーン・バーキンが座っている)

『音楽の魅力』
吾郎 「音楽についていろいろとお話をお聞きしたいんですけれども。歌うっていうのはやっぱり、すごく、魅力的ですか?ご自身の中で。」
JB  「音楽は昔から大好きです。2回も音楽家と結婚したくらいですから。最初の夫ジョン・バリーは、『007』や『愛と悲しみの果て』など映画音楽を作曲した人です。彼は私をクラシック音楽に開眼させてくれました。それからセルジュ・ゲインズブールがフランス音楽を教えてくれました。セルジュはロシア音楽にも親しんでいました。『ジュ・テーム・モワ・ノン・プリュ』の前にショパンのカバー曲を書いてくれました。音楽とは縁が深いし、お風呂でもスタジオでもどこでも音楽は聴いています。」

『好きなミュージシャン』
吾郎 「具体的に影響を受けたミュージシャンとか、ロックバンドとかってあるんですか?」
JB  「特に誰というのはないですが、一番ファンなのは娘のシャルロットで、彼女の最近のアルバムはエンドレスでずっと聞いています。フランス音楽の世界に長くいたので、その影響が大きいですね。エティエンヌ・ダオーという人が「ジャン・ジュネ」について曲を書いています。ジャン・ジュネだからホモセクシャルとかエロティックな面のあるものです。死刑囚もテーマになっています。私自身は死刑に反対だということもあって、感銘を受けました。それからバショーとかベルギーのアルノーなど、フランス語系の音楽が好きです。」

『日本の音楽』
吾郎 「フランス語わかんなくてもやっぱり聞いててすごく心地よかったりするんですけど、逆にフランスの方とかって日本の音楽とかって聴かれないんですかねぇ?」
JB  「『ランデ・ヴー』というアルバムで、井上陽水さんの曲『カナリー(カナリア)』を歌っています。『カナリア』というのは可愛いからタイトルにつけたのかなと思ったら、実はもっと深い意味がありました。昔日本で炭鉱を掘る時にカナリアを連れていったそうなのです。それでカナリアが死んだら空気が薄くなった証で、すぐに地上に戻れというサインだったそうです。」
吾郎 「後すごくオススメなのが沖縄の音楽とか。沖縄の音楽はこれをきっかけに聴いていただきたいですね。いろいろ日本の音楽に触れていただきたいです。」
JB  「ぜひ!」

『Je t’aime moi non plus(ジュテーム・モワ・ノン・プリュ)』
吾郎 「いやぁでもこうやってお話をうかがっていると、僕が初めて『ジュテーム・モワ・ノン・プリュ』とか観たときのことが蘇ってきて。すごく衝撃的でした、やっぱり当時。僕まだ高校生くらいだった。ふふっ」
JB  「良かったでしょう」
吾郎 「よかったです、もちろん」
JB(吾郎の肩に手を伸ばしてにっこりと)「ありがとうございます」
JB  「発表当時軍事政権化にあった独裁政権時代のポルトガルで、この曲を聞いた人々に、これはまさに自由の声だと思ったと言われました。発売一ヵ月後、この曲はポルトガル国内で発売はおろか放送も一切禁止となりました。しかしわずかな間でもこの曲を聞けたのは、一服の清涼剤だったと言われたのです。それは私の誇りです。一時でも、抑圧に苦しむ人たちの清涼剤になれたのですから。」

『セルジュ・ゲインズブール』
吾郎 「『ジュテーム・モワ・ノン・プリュ』、この曲はね、セルジュ・ゲインズブールさんが作られたんですけれども。僕は男性としても、すごく、セルジュのこう、ファッションとかにも憧れて。丈の短いパンツとか、くしゃくしゃのタバコとか、細いネクタイとか。すごいやっぱり僕らのファッションに影響を与えてる存在だと思います。」
JB  「フランスでもそうなんです。無精ヒゲをはやすのが流行ったり… 私、男性がパンツをはいているのは色気がなくて嫌いなので、パンツをはくのをやめさせたり… 胸元を開けてアクセサリーをつけさせたり、今みんなそういう格好をしているでしょう。あとレペットの靴は、私がバーゲンで買ったものです。彼は足が痛くなるのが嫌だと言っていたので、ソフトな靴をプレゼントしたのです。ヒゲが少し生えていると顔の輪郭がきれいなので「ヒゲを剃らないで!」とも言いました。それ以外は完全なゲインズブール・オリジナルです。ファッションは私が少しだけ影響を及ぼせた部分です。単にその方が素敵だと思っただけなんですけどね。」

『ジェーン・バーキン流ファッション』
吾郎 「ジェーン・バーキンさんのお見立てだったんですね、セルジュ・ゲインズブールのファッションって。」
JB  「胸元を開けた方がいいですよ。アレンジしていいですか?ほら!こうやって開いて…」
(吾郎の首元に手を伸ばし、ネクタイを緩め、シャツのボタン2つはずし、襟を広げる。吾郎はシャツの下に「5」チャームをつけたブラックダイヤのネックレスをしている。)
吾郎 「ああ。こっちの方がいいですか?」
JB  「すばらしい!髪の毛も…」
(吾郎の髪を軽くほぐす)
吾郎 「あ〜ちょっとちょっと髪の毛はちょっと…」(スタッフの笑い声)
JB  「こうしておくと女の子が服装を直そうと思って近づいてくるのよ!(上着の襟を立てて)うん、いいわね。」
吾郎 「ラフな方がいいという事ですね(笑)」
JB  「とてもステキですよ!後でぜひ鏡を見てください。」

『美の秘訣』
吾郎 「最後の質問なんですけれども、ジェーン・バーキンさんのように母としてね、妻として、強く美しく生きていく秘訣みたいなものを、日本の女性にアドバイスしていただいてもいいですか。」
JB  「顔はメイクなどせず、なるべく何もしないことが一番だと思います。チークと軽く口紅を少しさして、血色をよく見せるくらいで、居心地よく感じることが一番ですよ。私はバッジを何にでも好きにつけるし、自分用にバッグをデザインしたり、靴は5,6年は履いているのです。そして一番の親友が娘達である事。とても楽しく暮らしているのです。」

忘文 【わすれぶみ】 心を潤し 憂いを忘れさせる文

吾郎 「じゃああの、最後に忘文を書いていただきたいんですけれども、こちらに」
(色紙と12色?のサインペンをJBの前におく。茶色のペンでメッセージを書くJB)
JB  「あなたが微笑めば、世界があなたと一緒に微笑む。泣くときは一人で泣きなさい。母がいつも言っていました。ある体の不自由な方と会った時、いつも機嫌をよくしていらっしゃるので「どうしていつも機嫌がいいんですか?」と聞いたら、「機嫌良くしていないと誰も会いにきてくれなくなるから」と答えました。痛いとか愚痴を言ってばかりいると、誰も会いに来てくれなくなるからとおっしゃっていました。そういう愚痴を言わない人を、とても尊敬します。」
吾郎 「さあこちら、いただきました。はい、じゃあ今日はあの、ありがとうございました。残りの東京の生活を、お忙しいでしょうけど、楽しんでください。ありがとうございました。」
(JBが吾郎を軽く引き寄せ、にこやかに両頬にキス)

世界中の人々を魅了し続けた美の女神。まさにそんな呼称がふさわしい女性、ジェーン・バーキンさん。彼女の真の魅力は、誰よりも深く愛を知る、その美しい心なのかもしれません。さて、忘文〜Beautiful Season〜、残念ですが今回でお休みとなります。また、美しい季節にお会いしましょう。

提供 (JBのインタビューをした明るい部屋、足を組み椅子に座る吾郎)