02. 2010年 1/17放送分

横尾忠則 【ライフ編】

人生は短し されど 芸術は長し・・・
本日訪れる方は、いったいどんなアートを生み出し、そしてどんなライフを送っているのでしょうか。
忘文〜Beautiful Season〜、あなたも心を潤す美の世界へ、これから旅をしてみませんか。

忘文 〜Beautiful Season〜

横尾忠則 日本が世界に誇る孤高の天才アーティスト

常に独自のアートを、エネルギッシュに創作し続ける横尾忠則さん。
そのライフスタイルにカメラをフォーカスさせ、天才アーティストの私生活の様子を伺います。

横尾忠則 【ライフ編】

『最近 気になること』
吾郎 「週が明けました(笑) あの、少しちょっとプライベート的な話もお伺いしたいんですけど。最近少しこう、気になっていることとかっていうのは。ほんと身近なこととか。」
横尾 「僕、猫に時々ね、今朝もそうだけれども、話しかけるんですよ。」
吾郎 「はい。」
横尾 「言葉で話しかけることもあるし。」
吾郎 「言葉じゃないとどうやって話しかけるんですか?」
横尾 「思いで話しかける場合もあるんだけども。用がないと鳴かないんですよ、うちの猫が。鳴いた時は必ず意思表示があるんですよ。それをこちらが察知してあげないといけないんですよね。そうするとね、鳴きたくて鳴いてるんじゃなくて、鳴かなきゃいけなくて鳴いてるっていうのがだんだん判ってくるんですよね。で、猫の気持ちをこちらが読む。だからそういった事を我々は人間の間でもそれをやっていると思うんだけれども、人間は言葉がしゃべれるために、ごまかされたりも、だまされたりも、こちらも嘘をついたり、いろんな事ができるじゃないですか。猫ってそれがない。」
吾郎 「嘘はないですもんね、飼い主とっていうのは。」
横尾 「正直でしょ。」
吾郎 「ええ。そういう気持ちで結構通じ合っている感じがあるんですか。」

『アーティストは猫である』
横尾 「アーティストっていうのは猫だと思うんですよ。媚びないでしょ、人に。」
吾郎 「あ〜、そうですね。」
横尾 「アートっていうのは人に媚びちゃだめだと思うんですよ。媚びない。それから自分に非常に忠実でしょ。」
吾郎 「一匹狼、猫ですけど、まあそうですね、猫っていうのは。アートと猫、芸術家と猫。うん。」
横尾 「僕は猫に芸術家の姿を見るんですよ。それが僕の理想の姿だなと思うんですよ。ただほとんど寝てますけどね、うちの猫は(笑)」

『ネコ原理』
横尾 「昔は、邪魔するので、ゴミ箱の中にこう、入れちゃうんですよ。」
吾郎 「ん、何をですか?」
横尾 「猫を。」
吾郎 「猫をですか?家のゴミ箱に?」
横尾 「うん、そうするとねぇ、どうしてるのかなと覗くと、ゴミと一緒になって遊んでるんですよ。だから、その状況というのか、与えられた環境の中ですぐ遊ぶことができるわけですよね。」
吾郎 「それも芸術家ですよね。」
横尾 「そうでしょ。我々もそれでなきゃいけないと思うんですよ。与えられた状況の中で遊べる。」
吾郎 「すごく冷静にいろんなものを見ていますし。そうですね、僕もすごくなんか猫に惹かれるんですけれども、そういうことだったんですね。」
横尾 「だから自分の中にある、ネコ原理みたいなものがあって、そことこう猫と通い合えるんじゃないかなと僕は思うんですよね。でまあ、いろいろそういう話をするんですよ、どうしたの、どういう旅をしてきたの、いろいろ聞いたりするけども、目をつぶって寝てますよね。」
吾郎 「会話している時、ご家族は見てるんですか、横で(笑)」
横尾 「いやいや私一人の時にやってるわけですよ。」

『ネコのライフスタイル』
横尾 「やっぱりその態度ですよね。ネコの生活態度っていうのか、ネコのライフスタイルに教えられることはたくさんありますよね。感覚で生きてるでしょ。」
吾郎 「そうですね。」
横尾 「だから我々ももっと感覚で生きればね、もっと生きやすくなるんじゃないかと思うんですよね。」
吾郎 「もともと感覚で生きてたわけですからね。人間って、このくらいの肉体能力と頭脳を持ってて、進化していると思うんですけれども、ほんとは感覚で生きてきて、もう少しシンプルな社会だったのに、だからついていけないんでしょうね。」
横尾 「昔は全て自給自足でやってきたわけですよね。」
吾郎 「そうですよね。」
横尾 「ところが何か分業されちゃってさ、今は。自分の中の自給自足、自分の中の体を通してやらなきゃいけない事を、他人が全部やるようになっちゃったじゃないですか。この部分は誰かにお願いする、この部分は誰か、あるいは機械がやってくれる。ほんとはね、自分が一つ一つ全部やればもっと感覚的になれると思うんですよね。」
吾郎 「そうですよね。」
横尾 「だからその肉体感覚を失ってしまっているところがまず動物に劣っているし、そこは一番大事かな。」
吾郎 「猫の生き方は、理想の人生の生き方かもしれないですね。もしかしたらね。」
横尾 「そうですね。」

『幼少期』
吾郎 「子供の頃に受けた影響とか、すごく印象に残っている事とかってあるんですか?」
横尾 「僕は兵庫県の小さな田舎の町に住んでましたからね、だからそういう環境ですよ。だから今の世の中みたいに情報がほとんどない環境だったんですよね。で、まあどっちかっていうと都会的なものよりも、土俗的なものっていうのかな、近代的なものよりもむしろ前近代的な環境で育ったわけですよね。だけど、それは自分の中で肯定しているっていうよりもむしろ否定したいものですよね。」
吾郎 「あ、そうなんですか。」
横尾 「うん、体にこう、へばりついているっていったらいいのかな。それをこう排除したいわけですよね。」
吾郎 「今でもですか?」
横尾 「いや、特にその頃はね。」
吾郎 「あぁ、逆に都会的なものに憧れたりとか。」
横尾 「今はね、もうだいぶそういったものを自分の中で排除してきたと思いますけどね。だからそれをいつまでも持っているっていうと、前進しないじゃないですか。」
吾郎 「でもその時の感覚っていうのも必要だったりする。」
横尾 「うん、必要ですね。」

『ライフスタイルの中のアート』
吾郎 「なんかすごい田舎に住むとか、海外に住むとか、そういうあれはないんですか?なんか自分の生活を変えるみたいな。もっとシンプル化させるために。」
横尾 「僕はね、アトリエの中だけで絵を描いていると、その絵が固定されちゃうんですよ。できるだけいろんな場所へ行って描くようにして、だから公開制作っていうのをよくやるんです。」
吾郎 「あぁ、よくありますね、アートの世界では。」
横尾 「美術館を借りてね、そこでお客さんを集めてそこで描く。アトリエの中だったらお客さんいないわけですよね、僕一人で描いているわけだから。それよりもギャラリーがいたほうが、集中できるんですよね、より集中できるんです。」
吾郎 「へぇ、面白いですね、その感覚って。でも絶対一人で孤独にやることですよね、ものづくりっていうのは。」
横尾 「芸術っていうのはアトリエで孤独な作業だっていうけど、僕はそれはそれであっていいと思うんですよ。で、もうひとつは公開制作によってそこの集まった人達のその気っていうのかな、その人達の想念っていうのを一身に背中に受けるわけですよね。それをエネルギーとしてそこで集中して描ける。」

『これからの横尾忠則』
横尾 「僕なんかの年齢になると、もう吸収したいと思わないですね。もうすでに吸収したものがあるじゃないですか。吸収したものをいかにそれを消費しながら吐き出していくかっていう作業に変わるわけですよね。そこにまだ吸収したらどうするの。いっぱいいっぱい、この中に(テーブルの上のカップをさして)いっぱいチャイが入っていて、そこにまだチャイを入れるみたいなさ。」
吾郎 「でもなんか吸収されたものを出すために、新しいものに触れるっていうのはありますよね。」
横尾 「触れるっていうのか、吐き出したものが自分の中で新しいものに変化していってくれれば一番いいわけですよね。」
吾郎 「なるほどねぇ。」
横尾 「まあ、わかったようでわからないですよ。だから続けられるんじゃないかな。」

忘文【わすれぶみ】 心を潤し 憂いを忘れさせてくれる文

吾郎 「それでは横尾さんの、心の憂いをですね、潤す忘文を、こちらに書いていただきます。」
横尾 「あ、そうですか。」
吾郎 「はい、お願いします。」

(白い紙に筆ペンで書いている)

横尾 「ちょっとレイアウトが、変なレイアウトですね。」
吾郎 「こちらに書いていただきました。」 (紙をカメラに向ける。達筆です。)

「我が道を行く」

吾郎 「我が道を行く。ぴったりな言葉だと思うんですけど。」
横尾 「これしかわかんないなぁ。自分ていうのは、僕は常に未完成。人間って未完成で生まれて未完成で死んでいく。その中でどう我が道を行くかによって未完が完成になるんだけれども。」
吾郎 「わかりました。じゃあ、あの、ほんとに今度機会があったら。」
横尾 「ああ、ぜひ。」
吾郎 「ええ、家に遊びに行かせて、猫ちゃんの遊び方、僕得意なので。僕も会話できるタイプなので、ネコと、はい(笑)はい、長々と楽しいお話、ありがとうございました。」

ポップでシュール。ユーモラスでいてどこかシニカル。一種独特の美を生み出し続けてくれる横尾さん。
そんなアートにも似て、彼の人生はとても自然体でありながら、しかしどこか謎めいてもいました。
横尾さん、これからも私たちを楽しませ、そしてドキリとさせてくれる刺激的な作品を作り続けてください。

提供(三脚に乗せたカメラを覗く吾郎、右からのアップ)