03. 2010年 1/24放送分

Chim↑Pom 【アート編】

(白い湯飲みに入った茶色いお茶。一口飲む吾郎の右横顔のアップ。衣装は前回と同じ。)

ほんのりと甘く、そしてシンプルなのど越し。体の奥にあったよどみがすべて洗い流され、心まで美しくなったような気がします。
心のよどみを洗い流し、日々の憂いを忘れさせてくれる不思議な力、私たちはそれを「美」と呼びます。
忘文〜Beautiful Season〜、あなたも心を潤す美の世界へ、これから旅をしてみませんか。

忘文 〜Beautiful Season〜

(アートカメラを膝に乗せて)

人生は短し、されど芸術は長し。本日訪れる方はいったいどんなアートを生み出し、そしてどんなライフを送っているんでしょうか。

面白くなければ意味がない! Chim↑Pom(チムポム)

Chim↑Pom。現代美術界に新風を吹き込むモダンアートユニット。2005年、美大生だった5人と、絵画モデルをしていたエリィがグループを結成。パフォーマンス、映像、オブジェと、変幻自在に作品を生み出し続けている。彼らの作品はどれも斬新で奇抜。現在、最も刺激的でスリリングな美を生み出し続けるアーティスト集団である。

Chim↑Pom 2005年結成(男性5人、女性1人)

Chim↑Pomの好きなお茶 【桑の葉茶】
(3人ずつ前と後ろに分かれて座っている。前列中央にエリィさん。前列左の男性がほとんど話をしている)

Chim↑Pom(以下チム) 「桑の葉茶っていうんですけどね。」
吾郎 「ほうじ茶じゃないんですか、これ。」
チム  「甘い。」
エリィ 「おいしい。ほうじ茶に似てる。」
吾郎 「どうですか、味わった感じは。エリィさん、おいしいですか。」
エリィ 「はい、心の中が洗い流されるようです。」
(笑)

吾郎 「本日はですね、Chim↑Pomさんの、アートの世界を覗いてみたいと思います。では早速、こちらの方を、失礼します。」
(アートカメラを手に取る)

『SUPER RAT』
(写真。赤いほっぺの黄色いねずみが4匹、夜の繁華街の路上に立っている。前中央に1匹正面を向いてまっすぐ立ち、後ろ3匹は踊っているような格好)

吾郎 「これは、どういったきっかけで作ろうと思ったんですか?」
チム  「これは僕達がアートでデビューした作品なんですけれども。」

「SUPER RAT」2006年
渋谷のドブネズミを剥製にして、あのキャラクターを作ったデビュー作

チム  「渋谷にたくさん繁殖している野良ネズミ、最近彼らがどんどん強力になってきていて、そういうネズミを駆除する業界の中で、そういうのをスーパーラットって言ってるらしいんですよ。でなんかそういうのが、歪んでるんだけど、人間との共生としてなんとなく素晴らしいなと思ったんですよね。渋谷の街全体が結構こう区画整理されていて、きちんと作られた人工的なものなんだけど、そこにちゃんと野生があるっていうのがなんかいいなって思って。」
吾郎 「あ、否定的ではなかったんですね。」
チム  「こういうネズミがそういう風に体を変化させながらもどんどんこう人間に適応しようというのも、肯定してみたい気持ちもありました。」
吾郎 「そうですよね。人間にはそんな力ない場合がある。」
チム  「だけどなんかピックアップしなきゃいけない、今の東京を語る上では、そういう存在かなと思いまして。」
吾郎 「なるほどね。でこれがデビューだったんだ。」

『BLACK OF DEATH』
「BLACK OF DEATH(above the Diet Building, Nagatacho, Tokyo)」2008年
(写真。画面右に若者が剥製?のカラスを掲げて立つ。後ろには国会議事堂、青空一面に無数のカラスが飛び交う)

チム  「タイトルのイメージはもうちょっとヘビメタみたいなイメージだったんですけど、メタルな感じで。」
エリィ 「違うよ。違うよ!」(強く否定)
吾郎 「大丈夫?そんな・・・」
チム  「どんな感じ?」
エリィ 「違うよ!もっとカラスな感じ。」
吾郎 「その辺まだ意見まとまってないみたいな感じ? エリィさん結構力持ってるようなね、パワーバランスを、僕は先程から感じてるんですけど。」
チム  「全権を(笑)」
吾郎 「ああ、そうなんですか。まあちょっと話がまとまったところで。カラスな感じでいいですね?」
エリィ 「そうですね。」
チム  「基本的にはそういう見たことのない風景っていうのには惹かれるところがあって、そういうのを作り出したいなと思ってるんですよ。」
吾郎 「これはその、意味としては、カラスを集めたかったから、集まる行動をしたっていう事ですよね。」
チム  「習性を利用して、それもだんだんやっていくうちにわかって言ったんですけども、最初はこうやって剥製だけを持って、いろいろ試してやってたんですけど、そしたらなんかこう、同じような声をみんな発しているから、録音して拡声器で流して。」
吾郎 「面白いですね。なんか研究みたいですね。夏休みの研究みたいな。」
チム  「ああ、かなり近いです。」
吾郎 「なんかちょっと自由な感じでね。」
チム  「やっぱりゴールがあって、そのビジュアルを創るのが大事だから。」
吾郎 「結局ゴールはこの写真なんですね。」
チム  「撮った写真で「東京」って言うポストカードセットを作って、まあ名物として売り出すっていう。」
吾郎 「へえ。東京タワーとかではなく。」
チム  「動物って、どういう動きをしてくるのかわからないじゃないですか。その辺でこっちのなんかが試されるというか、自分をフルで活用して、頭も活用して、体も使って、それで距離を縮めていかないと、やっぱりいい物ができないから、その辺が、このネズミとカラスのプロジェクトは、楽しくやれましたね。」
吾郎 「楽しそうでしたもん。うん。」

『I’m BOKAN』
「I’m BOKAN〜ばくはつ〜」2007年
(写真。草の生い茂る原っぱ。真ん中で爆発が起きている。赤っぽい煙が上がり、草が飛び散っている)
「新・公募展2007」広島現代美術館賞(大賞)受賞

チム   「これはカンボジアなんですけれども、地雷の爆発なんです。作品として、絵里ちゃんがなんかこう、セレブみたいなものに共感している時期があって、絵里ちゃんの夢って何?って聞いたことがあった時に、やっぱりダイアナだから、地雷撤去かなって話をしていて。」
吾郎 「おぉ、有名ですよね。映像残ってますもんね。」
チム  「ですぐみんなでカンボジアに行ったんですけど。」
吾郎 「実際にこれ、何、地雷の爆発なの?」
エリィ 「そうです。」
チム  「そのときに、エリちゃんの私物であった高いバッグとか。」
エリィ 「プリクラ帳とか、iPodとか、私の身の回りにあった私物なんですけど。撤去した地雷と一緒に爆破して。要らないものは私の身の回りの物なんじゃないかって。」

(写真数点。持ち手が取れたヴィトンのバッグ、一部大きく焼け焦げたヴィトンの財布、横に大穴の開いたヴィトンのバッグなど、それぞれの写真が一連の作品になっている)

チム  「それで爆発の残骸になったやつを日本に持ち帰ってきまして、それらを全部オークションを自主開催して、チャリティーオークションていう風にしてそこで売るんですけど、売れた全額、そのうちの僕らの取り分全額をもう一回カンボジアに寄付しに行くっていうので、それで完結する、セレブっぽいこと。」
吾郎 「へえー。行動力、すごいですね。話を聞いて。でも実際これは危険だったんじゃないんですか?」
チム  「地雷撤去のエキスパートがいるんですけど、その人がいろんな地雷原に連れて行ってくれるんですね。」
エリィ 「歩いているときは結構気が気じゃなかったですね、地雷原を。」
吾郎 「気が気じゃないですよねえ。」
チム  「そのエキスパートの人もちょっと変わっていて、普通はこう、地雷探知機ってあるじゃないですか、ああいうので取るんですけど。」
エリィ 「木の棒を拾って45度で、上から押すと爆発しちゃうんですけど、斜め45度で刺してザクザク、土の中をいくと、爆発しないんで。」
チム  「そうやって自分で木の棒で取ったりするんですけど。」
吾郎 「すごいね。」
チム  「すごいですよ。それで、一応その人の勘に頼りながらっていう。」
吾郎 「それ頼れないですよね、絶対。すごいですねえ。」
チム  「そうなんです。」
エリィ 「明るくって、すっごい、すっごいいい国なんですよ。いっぱいいろんな国行かしてもらってるんですけど、カンボジアが一番いいです。」
吾郎 「ああ、そうなんですか。僕無いんでねえ。ベトナムとかはあるんですけど。」
チム  「だからこれも基本的にすごいシリアスでデンジャラスな作品だったんですけど、でき上がってみたらなんかものすごい明るい感じになってて。」
吾郎 「なんかみなさんの話からはねえ、すごく明るく感じれるし。」
チム  「例えば、オークションの形式とかもちょっとやり方を変えてみて、普通オークションって低い値段からどんどん上げていくじゃないですか。それを僕達は一番高い値段から設定して、どんどん下げていったんですけども。」

オークションは128億円からスタート

吾郎 「え、逆でやったんですか!?」
チム  「アート業界でものすごい高いものってあるじゃないですか、ゴッホのひまわりとか。そういうところからはじめてみるんですけど、そうすると現代美術として一番高いもののその価格だけで、世界中で必要とされている義足が全部まかなえるっていう数字が出てるんです。」
吾郎 「ああ、なるほどねえ。」

『Saya mau pergike TPA』
「Saya mau pergike TPA」2008年
(写真。上2/3ほどが青空。中ほどにヘリが一機飛んでいる。下は夢の島のような広大なゴミの広場。真ん中に子供が二人、こちらに背を向けて上空のヘリを指差している)

チム   「ゴミ山に連れてって下さい、って意味なんですけど。これバリ島なんです。」
吾郎 「えー!僕バリ島好きだったんですけど、知らなかったですねえ。超高級リゾートしか(笑)」
チム  「一個だけじゃなくてまだ他にもいっぱいある。」
エリィ 「何個も。」
吾郎 「見えないようになってるんですね、きっと、観光客はね。」
チム  「ここに、僕らの中での格差をこう、普通にビジュアル化したかったんですけども。でまあ、一番格差の底辺にいるのが彼(後列の1人を指し)なんですけれども。彼は「ゴミ山に連れてって下さい」ってヒッチハイクして、ゴミ収集車を。で、ゴミ山に向かうわけなんですけれども。で、格差の一番上にいるエリちゃんは、ヘリでバーっと行って、要するに天と地両方で、その場所で出会うんですけれども。で、この広大なゴミ山にエリちゃんがビニール袋を放り投げるんです。で、そこでゴミを拾って生活している人がいて。」
エリィ 「ビニールを集めて生活している人達がいるんです。」
吾郎 「実際いるんですか。」
チム  「はい、生活費を得るために、ビニールとか紙とか。」
吾郎 「ああ、子供とかがやったりとかね。」
チム  「ビニールはやっぱり売れるんですよね。その人達と一緒にそのビニール袋を拾って、そのビニール袋ごと大量のゴミを彼らからもう一度僕らが買いなおして、それを展示、っていう形で。」
吾郎 「ああ、なるほどね。」
チム  「映像と立体作品なんですけど。」
吾郎 「ちょっと通じている部分がありますよね、カンボジアの時とね。」
エリィ 「地域とかそういうのに密着したいんですね。人間のことが好きだから。そこで思った事とかを伝える作品を創って、落とし込んでいきたいんです。」
吾郎 「さあ、そんなショッキングなアートを世に送り出すみなさんなんですけれども、今度はですね、そのライフスタイルの方にカメラをフォーカスさせていただきます。」

次回はChim↑Pom【ライフ篇】

提供(三脚に乗せたカメラを覗く吾郎、右からのアップ)