04. 2010年 1/31放送分

Chim↑Pom 【ライフ編】

人生は短し、されど芸術は長し。本日訪れる方はいったいどんなアートを生み出し、そしてどんなライフを送っているんでしょうか。忘文〜Beautiful Season〜、あなたも心を潤す美の世界へ、これから旅をしてみませんか。

忘文 〜Beautiful Season〜

面白くなければ意味がない! Chim↑Pom(チムポム)

Chim↑Pom。現代美術界に新風を吹き込むモダンアートユニット。2005年、美大生だった5人と、絵画モデルをしていたエリィがグループを結成。パフォーマンス、映像、オブジェと、変幻自在に作品を生み出し続けている。彼らの作品はどれも斬新で奇抜。現在、最も刺激的でスリリングな美を生み出し続けるアーティスト集団である。

Art Camera 【ライフモード】

『エリィ』 Chim↑Pomの紅一点「エリィ」
吾郎 「エリィさん、リーダーではないんですよね」
エリィ 「リーダーではないです」
吾郎 「どういう存在なんですか?なんか結構・・・」
エリィ 「メンバーです」
吾郎 「先ほどから、バランス的に、なんかこう」
チム 「頂点ですよね」
吾郎 「頂点みたいな気がするんですけど」
チム 「よく言ってるのは、船の舳先にこうやってる女神」
吾郎 「あ〜」
チム 「実際にボイラーに薪をくべたりしてるのは男だけど」
チム 「なんかね、勘がすごくよくて、エリちゃんて。それでなんかこう方向的に、こういうのウチらどういう方向に行こうかなとか思ってる時に、エリちゃんどっち?見たいなこと聞きます。そうするとエリちゃんはたぶん勘で、あっち、っていった方向、指差す人間っていうか」
吾郎 「それ、絶対的な自信ってあるんですか?」
エリィ 「あります」(きっぱり)
吾郎 「あるんだ」
エリィ 「はい」
吾郎 「その自信って、普通無いですよ」
エリィ 「あら」
吾郎 「僕は無いですねぇ。こっちって言い切れないですね。ほんともう」
エリィ 「私ね、本質がすごくよくわかるの。だから合ってるとか間違ってるとか、これがいいとか悪いとか、なんていうのかな、大事な事がちゃんとわかる」
吾郎 「それ、昔からですか?」
エリィ 「昔から。何が大事かはチョーわかる」
吾郎 「そんなエリィさんですが、数々の名言を生んでいるということなんですけれども。〈ドームで死ぬのが私のロマン〉とあるんですけれども」
エリィ 「これ、これが一番大事かもしれない」
吾郎 「ドームで死ぬのが私のロマン?」
エリィ 「私、死ぬことについて小さい頃からずっと考えてて。考えます?死ぬことについて」
吾郎 「僕はなるべく考えないように、ちょっと情ないですけど、目をつぶっちゃってます。考えてるんですか、ずっと、じゃあ」
エリィ 「小さい頃から、死ぬことに対してやっぱり怖いし、お母さんやお父さんが死んじゃうのも怖いし、友達が死んじゃうのも嫌だし。でも絶対、必ず、今ここにいるみんなは100年後には死んじゃってるし。で、ずっと毎日考えてて、ほんとに死ぬの怖いけど、どうやって最期死にたいかなって思ったら、みんなでドーム、白いドームの中っていうか、でかいドームの中に入って、友達とか家族とか、大事な人とか、その友達とか、またその大事な人とか、で、3、2、1で死んじゃったらいいんじゃないかなって。」
吾郎 「それだったら、ドームまで要らなくて、かまくら位でよくないですか、サイズ感的には」
エリィ 「あ〜」
チム 「かまくらって、でもなんかすっごい不幸な感じが(笑)」
吾郎 「かまくらは寒いか」
チム 「ドームであれでしょ、「いくよみんなー!」みたいな感じでしょ?」
吾郎 「あ、イベントみたいな意味で、ドームって事が言いたかったんですか?」
エリィ 「みんないくよー!」
吾郎 「カウントダウンライブみたいなね、ドームのね。てことはやっぱり寂しがり屋なのかもしれないですね。」
エリィ 「そうですね」
吾郎 「寂しがり屋ですか?」
エリィ 「寂しがり屋です」
チム 「冬とかになると全然動けなくなっちゃったりするときがあって、春とか来るとすごい僕らもうれしいです。あ、エリちゃんが動ける!みたいな感じが、すっごい(笑)」
吾郎 「気分屋なんですね」
チム 「めちゃくちゃ気分屋です」
エリィ 「そうかな」
チム 「うん。いい意味だよ」
エリィ 「でも冷静なときは一番冷静だよね」
チム 「そうだね」
吾郎 「冷静ですよ、見てると、意外と。意外と冷静。へぇ。面白いなぁ」

『モナリザ』 エリィはモナリザが好き
吾郎 「エリィさんはモナリザをリスペクトしてる。モナリザ好き?」
エリィ 「モナリザ好きです。レオナルド・ダ・ヴィンチが好きなんで。」
吾郎 「あの、作品として好きっていうんじゃなくて、女性として?」
エリィ 「いや、作品が好きですね。モナリザの絵が。」
吾郎 「ふ〜ん、そうなんだ」
エリィ 「あれ、描かれたのは1503年だか、そんなに前じゃないんですよね。まだ500年ちょっとしか」
吾郎 「いろんなね、ほとんどの人がみんな持ってっちゃってるんだよね。最初ナポレオンが持ってっちゃったり、ヒトラーが持ってっちゃったり、浴室かなんかに置いといたんだっけ、ナポレオンね」
エリィ 「ナポレオンは寝室です」
吾郎 「寝室か。そういうサイズ感なんですよね、あれ小さくてね。」
エリィ 「そうですね」
吾郎 「意外と見るとね。小さくて、って記憶が僕もありますけど」
エリィ 「500年ちょっとしかないのに、今地球上で一番有名じゃないですか。」
吾郎 「謎もいっぱいあるしね。映画にもなってるくらいだし。いろいろ言われてるもんね」
エリィ 「魅力的じゃないですか」

『満員電車』 リーダー卯城は満員電車にアートを感じる?
吾郎 「最近アートを感じたのが、満員電車?後ろに乗ること?」
チム 「基本的にアートを感じるってそんなに無いんですけれども、普段の生活で。」
吾郎 「そうですよね。結果アートになってっていう、ひとつのくくりなだけで。アート、アートって生きてるわけじゃないですからね」
チム「満員電車この間乗ったときに、すっごい久しぶりに乗ったんですけど、なんですかね、その人間のすごさ。例えばアートを感じるっていうわずかなもので言うと、自然のすごさってあんまり感じなくて、自然のすごさってアートとはまた別のもっとすごい、他のすごさっていうか。」
エリィ 「滝と森とかね」
チム 「滝とか、森とか。あれはあれですごいんだけど、アートという感じは無くて、やっぱりさっきのゴミ山もそうだけど、満員電車とかもそうだけど、人間のすごさ、やばさみたいなものが凝縮されて、しかも1人じゃ手に負えないくらいハンパ無い、なんかこう、物になっちゃうっていうのが、結構満員電車に感じたんですよ。誰も好き好んで乗ってるわけじゃないんだけど、こういうことになるんだなあってのが、すごい思いました。」
吾郎 「よく乗りますか?」
チム 「あんま乗らないです」
吾郎 「だからですよね。僕もほとんど電車乗らないんですけど、たまに電車乗るんですよ。たまにめちゃめちゃ満員電車な事があって、すごいショックを受けるんですよね。」
チム 「ラッキーですよね、それ、出会えて(笑)」
吾郎 「だけど、こんなことはなかなかちょっと、セレブ発言て感じで嫌なんですけど、なんか、免疫ができてないんですよ、電車に。それだけですっごい疲れちゃって。なんかね、なんだろうな、こう人との距離感とか、スペースがない感じとか。」
チム 「またシーンとしてるじゃないですか」
吾郎 「シーンとしてるし、電子的な感じとか。普段はそんなことされないのに、ただの普通のおじさんだと思われ、女子高生にちょっとこう」(体をひねってよけるしぐさ)
(笑)
吾郎 「なんだよ!近づきたい人いっぱいいるんだぞ!!みたいな感じで」
(笑 エリィ、手をたたいて大ウケ)
吾郎 「なんか心の中で抵抗したりとか」
チム 「あれはあの数でワーッとなってるのに、ひとつのものになっているのに、一人一人名前もあって人生もあって。」
吾郎 「ちゃんとルールになってるんですよね。ルールがあってひとつのものになってるのにバラバラな感じで。あ、面白いなって思って。」
チム 「降りた瞬間にバラバラになってるんですよね。なんか不思議な感じで」
吾郎 「僕も、アートなのかわかんないですけど、その満員電車で、ほんとつい最近同じような感じをね、感覚を抱きましたね。」

吾郎 「そんなChim↑Pomさん達のですね、心の憂いを潤した、忘文を預かっておりますので。拝見させていただきます。」

「うまれてみるもんだよね」

吾郎 「これはどういうことなんですか。」
エリィ 「お友達の飲み屋に行かせてもらったんですけど、そのときのお誕生日のポスターが貼ってあって、「うまれてみるもんだよね」って書いてあって。私飲みながら、そうだよな、生まれて見なきゃ、今こういう風に友達と飲んでることもないし、ていう当たり前のことに、そのポスターを見て気づいたんです。」
吾郎 「でもそれ、今生まれてる人間でそれを気づくって面白いですよね。結構前向きですよ。やってみるもんだよね、とか、そういうことと一緒で。次にまたなんか産んでみる、とか。結構前向きしかないですよね。」
エリィ 「ポジティブなんで」
チム 「当たり前のことだけ当たり前のように気づけるか気づけないかって大きいじゃないですか。やっぱ生きてるといろんな事があるから、そういうことが見えなくなることも結構あるけど。」
吾郎 「そうですね。考えれば考える程ね。」
エリィ 「お父さんとお母さんに感謝してます。」
吾郎 「そうですね。いい子です。」
(笑)

『夢』
吾郎 「夢みたいなものっていうか、展望みたいなものっていうのはありますか、リーダー?」
チム 「夢ですか。そうですねぇ、あんまり目標は設定しないようにしてるんですけど。」
吾郎 「なんか目標は無いんですか、具体的にはじゃあ」
チム 「いや、もうあえて設定はしないようにしてますね、あえて。もうちょっと志みたいなところで、人が繋がっていけるような、お金ではなく、そういうネットワークこそが芸術に必要だと思っていて、絵の形をしていても僕ら別に絵を売っているつもりは無くて、志を売ってるつもりでやるから」
吾郎 「なるほどねぇ」
チム 「それを例えば、その志買った!って言ってくれる人がいたり、その志僕が紹介するよって言ってくれる人がいたり、そういういろんなネットワークがもっとこう広がっていけばいいなって」
吾郎 「でもその温度が今すごい世の中と合ってるのかなぁって。みんな結構寂しがり屋が多いからね、感じます。」
チム 「多いですよね」
エリィ 「寂しがり屋ですか、吾郎さんは?」
吾郎 「僕はすごい寂しがり屋です。だから今すごい楽しいです(笑)」
エリィ 「あら」
吾郎 「じゃあ、あの、森ビルで開催される、僕もぜひ遊びに行かせてもらいます。」
チム 「ぜひ」
エリィ 「ありがとうございます」
吾郎 「ありがとうございました、今日は」

展覧会「六本木クロッシング2010展:芸術は可能か?」に参加
2010年3月20日(土)〜7月4日(日) 会場:森美術館/東京

どこか人を喰ったようなパフォーマンス。ですがそこには私たちが知らず知らずのうちに作り上げてきた常識への痛烈な批判がこめられていました。彼らにカメラを向けてみて、その発言の奥にあるアートへの真摯な姿勢を改めて感じ取ることができました。 Chim↑Pomの皆さん、これからもストレンジでそしてウケる作品をたくさん私達に見せてください。

提供(三脚に乗せたカメラを覗く吾郎、右からのアップ)