07. 2010年 2/28放送分

山口裕子 【アート編】

(明るい日の差し込む部屋。正面に黄緑色のドア、両側に窓。)
(黒い厚手のショートコート(の様なジャケット?)、白いシャツ、黒字に深い赤のドットの入ったネクタイ。サイドにサテン地の様なラインの入った黒いパンツ、黒い靴。左中指にいつもの黒い石の指輪。)

人生は短し されど 芸術は長し・・・

甘く優しい香りと、のどを潤すフルーティな味わい。あたりが豊かな時間に包まれていくのを感じます。愛らしきもの。それは私たちの心をふんわりと包み込み、心にいだいていた不安や憂いを優しく溶かしてくれるもの。本日出会うのは、日本中、いや、いまや世界中の誰もが知っているあの、ポップアイコンのデザイナー。愛らしさの中に潜む美。それはいったいどんな姿をしているんでしょうか。 忘文〜Beautiful Season〜、あなたも心を潤す美の世界へ、これから旅をしてみませんか。

忘文 〜Beautiful Season〜

キティデザイナー 山口裕子 1980年から3代目キティデザイナーに就任。キティに様々な変化を与え続け、世界70カ国で愛されるキャラクターに育て上げた

山口裕子。サンリオキャラクター、ハローキティの美を生み出す、カリスマデザイナー。1980年、3代目キティデザイナーに就任。以来29年間、時に優しく、また時に大胆に、そのデザインに新たな命を吹き込み続ける。おもちゃのキャラクターから世界のポップアイコンへ。山口のデザインは今、世界を駆け巡っている。

そんな古川さんの美の世界を覗いてみましょう。
Art Camera 【アートカメラ】
レンズを向けた芸術家のキーワードがファインダーに表示されるカメラ

『1975』
吾郎 「キティちゃんって、キャラクターはもちろん知ってますし、ねぇ。」
山口 「何だと思ってました?よく言われるのが、日本人が描いたものじゃないって言われてましたね。いまだにそう思ってる方もいると思うんですけど。」
吾郎 「キティちゃんて、なんかすごい日本ぽい感じは」
山口 「してました?」
吾郎 「うん、してましたけどねぇ。姉が、2つ上に僕はいるので、1971年生まれ。すごい世代だと思うので。よくそういったサンリオの商品とかありましたけどね。キキララとかね。はい。そんなぐらいしか知らないけど。」
山口 「キティちゃんが商品デビューしたのが1975年なので。」
吾郎 「あぁ、そうなんですか。僕より2つ下ですね。僕は73年生まれなんで。山口さんは3代目でいらっしゃるんですよね。じゃあ1代目と2代目の方は結構短かった?」
山口 「そうですね。初代が1年。」
吾郎 「初代の方が一応原型を作ったんですか?」
山口 「そうです、そうです。2代目の方が5年。」
吾郎 「山口さんがもうずっと」
山口 「30年」
吾郎 「すごいですよねぇ。」
山口 「やっぱりやり始めた頃はキティちゃんのことがよくわかんなくて。やっぱりデビューしてこう徐々に売れなくなっていってた頃なので。」
吾郎 「あ、キティちゃんがね。少し低迷してたときに。そっか、3代目デザイナーさんとして。」
山口 「キャラクターの寿命って、大体5年っていわれてるんですね。そうすると、こうみんなにとってはマンネリ化みたいなものが出てきた頃だと思うんですよ。」

『サイン会』
吾郎 「え、じゃあそれを任された時っていうのは、どんな気持ちだったんですか?ちょっと困っちゃった感じですか。」
山口 「わぁやばーい、どうしようって思いましたね。」
吾郎 「でも大役ですよね。」
山口 「ていう感じでもなかったですけどね。」
吾郎 「でもプレッシャーはあったんじゃないですか?」
山口 「いや、プレッシャーは無いですよ。売れてるものを任されてやらなきゃいけないってなるとプレッシャーだと思うんですけど。」
吾郎 「じゃ逆になんかそこもよかったというか、自由な発想でのびのびとできたんでしょうかね。まわりもそんなにうるさいこと言わずにというか。」
山口 「で思いついたのが、新人歌手でも、その当時、レコード店の前で歌を歌ったり、よろしくお願いします、って言ったりしてるのを見て、これだ、って思ったんですよ。だから売れてないキャラクターで、認知もされてないキャラクターでも、お店の前で私がサイン会をして、キティちゃんのイラストを描いて、よろしくお願いします、って配ったら、みんな応えてくれるだろうなって思いついて、それからやり始めたんですね。」
吾郎 「デザイナーさんがやることじゃないですよね、ほんとはね。」
山口 「いや、っていうか、お客さんの意見が聞きたかったんですよ。」
吾郎 「どんな意見があったんですか。」
山口 「すごかった、すさまじかったんですよ、その意見が。例えば、キティちゃんて、キキララちゃんに比べたら全然冷たい感じするよね、みたいな。とか、キティちゃんていっつもオーバーオール着てて他の服持ってなくてダサい、とか。そういうことです。」
吾郎 「最初受け入れられるのって大変なんでしょうね。」
山口 「ええ。ただ、それを素直に聞けることができた。」

『リンゴ』
山口 「キティちゃんて、いろんなものをリンゴで表してるんですけれども。例えば、体重はリンゴ3つ分だったりとか、身長はリンゴ5つ分だったりとか。」
吾郎 「リンゴに例えるのが好きなんですね?」
山口 「もともとキティちゃんの好きな食べ物が、キティちゃんのママが作ったアップルパイなんですよね。」
吾郎 「あ、そうなんですか。リンゴに例えるって、他に何かあるんですか。」
山口 「キティちゃんはロンドン生まれっていう設定なんですよね。」
吾郎 「あ、それも知らなかったですね。」
山口 「だから、ロンドンっていうと、寒い国ってリンゴがよくとれるので。」
吾郎 「そのなんか、プロフィールとかっていうのは、デザイナーである山口さんがお決めになられる?」
山口 「そうです。一度に決めないで、時代時代にこう取材とかで質問がきますよね。で、そういう時にどんどん増やしていくんですよね。」
吾郎 「それは山口さんが決めていいんですか?」
山口 「そうです。」
吾郎 「へぇ〜」
山口 「でもキティちゃんって言うのは、みんなに好きだって言ってもらわないといけないので、特殊なプロフィールをしていると、私たちとは違うのよね、みたいな感じになるじゃないですか。だからどっちかっていうとみんなが共感するようなプロフィール。例えば血液型は何型ですかって聞かれて、あ〜キティちゃんの血液型決めなきゃ、って思うと、一番日本人に多いA型にすれば、みんなも、え、私と同じA型だわって思う人の方が多い、ってそういう感じで作っていくんですよ。」
吾郎 「あ〜そうなんですか。」

『口』
吾郎 「キティちゃんて、口は無いですよね。」
山口 「描いてないんですよ。」
吾郎 「描いてないですよね。あれは何でですか?」
山口 「もともとキティちゃんて、口を描いてなかったんですね。アニメーションにする時に、キティちゃんをしゃべらせなきゃいけないから、アニメーターの方が口描いていいですか、って言うんで、しょうがないかなって思ったんですけど、そのアニメーションがこう、やって、キティちゃんファン達からすごい、口なんか書いちゃうとキティちゃんじゃないって言われて。」
吾郎 「あぁ。口が無い魅力って、あるんでしょうね。」
山口 「多分ですね、みなさん、キティちゃんファンは、キティちゃんに語りかけてると思うんですよ。それで癒されてると思うんですけど、そのときにこう自分が思ってるようにキティちゃんに答えてほしいわけですから、そのときに表情が固定してると、自分の想像ができないわけですよね。だから見てる人の心を、やっぱりそのまま顔に反映するためには、口を描かない方がいいんだろうな、と。」

『ピンク』
吾郎 「この1900年代終わりからの、ある意味の、何代目かはわかんないですけど、ブレイクのきっかけみたいなものっていうのは、何だと思いますか?」
山口 「色々色々、改良していかなくちゃいけないと思っていた頃に、ちょうどそのミルクのブランドの商品で時計があったんですけど、ベルトが4色あって、赤と黒と白とピンク。この4色の中でどれが今一番売れてると思う?ってオーナーさんに聞かれて、白か黒かなって言ったら、違うのよピンクなのよ、って言われて、え!ってびっくりして。その頃ピンクが異常に高校生に売れてるって聞いて、これはキティもピンクにしなきゃな、って思ったんですよ。」

ピンクの花をつけたキティの組み合わせが可愛いと女子高生の間で大ブームに!

吾郎 「何かちゃんとそういう声を聞くんですね。デザイナーさんの、なんだろ、特有のこう自分で世界で一人歩きするっていうよりも、ちゃんと世の中に耳を傾けてというか、大衆というものをすごく意識されてるっていうのが」
山口 「それは、自分のために作っているわけじゃなくて、作品でもないので、みんなのために作っているものだから。」
吾郎 「自分自身の作品ではない。」
山口 「はい。」

次回は、日本中のアイドルとなったハローキティのデザイナー、山口さんの、ライフに、カメラをフォーカスしてみたいと思います。

提供(三脚に乗せたカメラを覗く吾郎、右からのアップ)