08. 2010年 3/7放送分

山口裕子 【ライフ編】

人生は短し されど 芸術は長し・・・

私たちを惹きつける、甘く愛くるしいキャラクター。いまや世界中のアーティスト達の、ポップアイコンともなっているハローキティ。その類稀なる美を生み出し続けている彼女はいったい日々、何を思い、どんなライフを送っているのでしょうか。忘文〜Beautiful Season〜、あなたも心を潤す美の世界へ、これから旅をしてみませんか。

忘文 〜Beautiful Season〜

キティデザイナー 山口裕子 1980年から3代目キティデザイナーに就任。キティに様々な変化を与え続け、世界70カ国で愛されるキャラクターに育て上げた

山口裕子。サンリオキャラクター、ハローキティの美を生み出す、カリスマデザイナー。1980年、3代目キティデザイナーに就任。以来29年間、時に優しく、また時に大胆に、そのデザインに新たな命を吹き込み続ける。おもちゃのキャラクターから世界のポップアイコンへ。山口のデザインは今、世界を駆け巡っている。

そんな古川さんの美の世界を覗いてみましょう。
Art Camera 【アートカメラ】
レンズを向けた芸術家のキーワードがファインダーに表示されるカメラ

『中学生』
吾郎 「山口さん自体はいつ頃から、振り返ってみると、デザイナーを目指したっていうのは、初期の頃から?」
山口 「そうですねぇ。中学校2年の時に、美術の先生が、お前デザイナーになったほうがいい、て言われたんですよ。で、私は全然、そういうことは全く思ってなくて、美術自体も好きじゃなかったんです。で、え?と思ったんですけど、まあ、それを言われたのは、レタリングの授業があって、レタリングって文字を描く授業があって、まあ、簡単だなって思ったので。できた人は外に遊びに出てよしって言われたので、すぐ描いて外に遊びに行っちゃって、その後呼び出しされたんです。人間って、おかしいんですけど、そういわれたらそういう気になっちゃうじゃないですか。」
吾郎 「あ〜、それはありますね、子供の頃って。」
山口 「しかも中学校のときですから、何もわからず、先生がお前はこれに向いてる、みたいに言われちゃうと」
吾郎 「思い込みますよね。」
山口 「うん。思い込みますよね。」
吾郎 「それでなんかちょっと美術系の大学に行かれた」
山口 「そうです、そうです。この言われた頃から、もう美大に行こうと思って。美大に行くなら、やっぱりデザインは東京だって思って、東京行っちゃったんです。」

『MILK』
吾郎 「影響されたものとかあるんですか、いろいろ」
山口 「影響されたものは、いろんなものがあるんですけど、私高知出身なんですね。高知といえば竜馬がいるじゃないですか。竜馬も19歳の時に東京に来てるんですね。同じ頃に東京に来て、見るもの聞くもの全てが影響されていく。」
吾郎 「そうですよね。」
山口 「一番びっくりしたっていうのは、昔からお洋服には関心があったんですけど、原宿の「MILK」っていう、小さいお店だったんですけど、そこのお洋服がすごくかわいくて。でもお金がなくて、毎日毎日見に行ってた、いいなぁみたいな。そこのお洋服は必ず芸能人の方が着てたんです。」
吾郎 「うん、着てましたもん、ウチらの先輩とかも。」
山口 「そうでしょ。でも高いんで」
吾郎 「高かったです。」
山口 「買えないんですね。すごい憧れて。このかわいいお洋服はいったいどんなデザイナーさんが作っているんだろう、っていう風にすごく思って、その人のことをいろいろ知るようになっていくんですけど、かなりやっぱり影響は受けてると思います。」

『眠るキティ』
吾郎 「やっぱり家にあるんですよね、その」
山口 「今はですね、家に一つだけぬいぐるみがあるんですけれど」
吾郎 「一つしかないんですか」
山口 「はい。そのぬいぐるみは寝てるキティちゃんなんです。」
吾郎 「えっ!目開けてないんですか?そういう表情もあるんですね。それは何でですか?」
山口 「やっぱり毎日毎日キティちゃんのお仕事をしてるじゃないですか。そうすると彼女が私を見てる時って、もっともっと私を出してちょうだいっていう風に、いっつもいっつも言ってるんです。そうすると、会社の中ではいいんですけど、もう四六時中言われてるとプライベートの時間が無くなってしまいますよね。だからおうちには寝てるキティちゃん一つしか置いてないんです。」
吾郎 「でも一応置いてるところは、愛ですね、そこはね。本当はね、ちょっとオンオフで忘れたくなっちゃうのもあるかもしれない」
山口 「全くいないっていうのもちょっと寂しいですから。ただ目を閉じているので、私のことは見ていないんです、おうちにいるキティちゃんは。」
吾郎 「へぇ〜〜〜。今はじゃあもうご自身の分身だから、新しいキャラクターとか新しいキティちゃんの絵とかを作っていくときっていうのは、もうほんとに自分が影響されたものをそのまま反映されるんですか?キャラクターに」
山口 「いろんなアイディア操作あるんですけど、私結構いろんな人と出会っていて。友達になるのがすごくこう多くて、今は芸能人の方とか、ファッションデザイナーの方とかが非常に多いんですけど、そういう方達からよく、今度のトレンドはこんなんだよって聞くじゃないですか。それをどんどんキティちゃんの中に入れてあげる。」

『コレクター』
吾郎 「でもあれですよね、今でもずっとこう世界中の商品、ありとあらゆるもの全部ご自身一人で管理されてるわけですよね。チェックされて。」
山口 「まあそれはお仕事ですから。」
吾郎 「すんごい大変じゃないですか?メールとかですか?」
山口 「メールですね。会社と家と両方にパソコンがあって、そこにいろんな国から」
吾郎 「そうですよね。なんか息抜きとか、趣味とか、そういう時間はあるんですか?オンオフみたいな」
山口 「私結構子供の頃からいろんなものをコレクションしていて、今でもいろんなもののコレクターなんですけど。それが趣味といえば趣味なんです。」
吾郎 「え、何ですか?キティちゃん以外に」
山口 「今ものすごくはまっているのが、知らないと思うんですけど、ブライスドールっていうお人形さんなんですよ。」
吾郎 「こちらですよね。(箱入りの実物を手にとって)これはオリジナルなんですか?」
山口 「これは趣味が高じてキティちゃんとコラボレーションをしたブライスドールなんですよ。」

Blythe ブライス
「ハローキティ」と「ブライス」のコラボ商品 「リボネッタウィッシュ」

山口 「これはキティちゃんとのコラボレーションなんで、目の中にリボンを入れてみました。」

右目の黒目部分に「ハローキティ」のリボンのイラスト

吾郎 「えー!あ、入ってますねぇ。」
山口 「だから目の中にリボンが浮かび上がってくるんですよ。」

忘文  心を潤し 憂いを忘れさせてくれる文

吾郎 「では朗読させていただきます。」

「いつも心に少女」

吾郎 「はい、これは常に思われていることなんですか?」
山口 「それは、先ほどお話したMILKのデザイナーで、シャーリーテンプルを立ち上げた、やながわれいさんって方が書かれた本のタイトルなんですけども、やながわれいさんはその本の中で、自分はいつもいつも大人になってフリルのついたお洋服を着て何が悪い、かわいいお洋服を大人になって着て何が悪いのっていう風に思われていた方なんですね。だから私自身はその言葉にすごく共感して、何歳になっても、その少女の心を忘れてはいけないと思うし、年齢がきたらこういうものは持っちゃいけないとか、着ちゃいけないとかっていう事は間違いだっていう風に思っていたので、そういう気持ちをずっと共感できる部分なんで、私は今後デザイナーとしていろんなものにそのコンセプトを取り入れていきたいって思ってるんです。」
吾郎 「とらわれちゃいますもんね、ついね。特にやっぱり僕なんかの仕事もそうですし、山口さんの仕事もそうですし、こういった事は代表してやっていかなきゃいけないような仕事だと思いますので。」
山口 「そうですね。」

いつも心に少女 山口裕子

その愛くるしさで世界を魅了。かわいいということばのしょうちょうともいえるハローキティ。山口さんもまた優しくかわいらしい生き方をされてこられたように感じました。山口さん、これからもかわいく、そして私たちの眼を楽しませてくれるキティアートを、生み出し続けてください。

提供(三脚に乗せたカメラを覗く吾郎、右からのアップ)