09. 2010年 3/14放送分

岡本太郎

(明るい日の差し込む部屋。正面に黄緑色のドア、両側に窓。)
(黒い厚手のショートコート(の様なジャケット?)、白いシャツ、黒字に深い赤のドットの入ったネクタイ。サイドにサテン地の様なラインの入った黒いパンツ、黒い靴。左中指にいつもの黒い石の指輪。)

ある、芸術に携わる一家。父は一世を風靡した流行漫画家。母は著名な歌人であり、小説家。そしてその二人から生まれ、日本を代表する稀代の前衛芸術家として育った息子。彼が没後も人々に感動と衝撃を与え続ける芸術家として生成した背景。そこには、深く豊かに愛し敬いあった、この芸術家一家の絆がありました。忘文〜Beautiful Season〜、あなたも心を潤す美の世界へ、これから旅をしてみませんか。

忘文 〜Beautiful Season〜

岡本太郎 1911年、流行漫画家である父と、著名歌人の母から生まれ、18歳で渡欧。パリで前衛芸術運動に参加し、1940年に帰国後、滞欧作「痛ましき腕」で二科賞を受賞した。終戦後、旧態依然としていた当時の日本美術界との闘いを宣言し、花田清輝、阿部公房らとともに「夜の会」を結成。後に秘書・養女となった岡本敏子に支えられながら、前衛芸術家としてのめざましい活動をはじめる。その後の独自の生命感にあふれた美術評論の発表や、大胆な絵画・彫刻分野における活躍はつとに有名。老いを重ねても制作意欲は衰えず、精力的な芸術活動を続け、1996年84歳で死去。しかし今なお彼の芸術は、見る者の魂を揺さぶり、感動を与え続けている。

岡本太郎は、パリから帰国後、11年にわたる滞欧生活中に両親から送られた手紙をまとめた書簡集『母の手紙』を発表しました。そこには、わが子を思う父と母、そしてそんな両親をこよなく愛する息子の深い絆が綴られています。

『「母の手紙」 岡本一平から、息子、岡本太郎への手紙』
朗読 「君の手紙みんなで読んだ。君の手紙の書きぶりがことごとしく確り(しっかり)しているので、感心もし安心もした。元気でしっかりやって呉れ。回送の手紙も届いた。僕の方、この二十五日まで日本旅館のトキワホテルに居て二十六日からハムステッドのこの家へ越した。一軒建の家を借りたのだ。
  お母さんは家がひどく気に入ってすっかり元気になってすぐ活動をはじめた。
僕はついた翌日から新聞用の軍縮会議のスケッチの仕事始めた。一晩だけ徹夜した。
徹夜して仕事してると僕ら親子はいよいよ世界の真ン中で勉強してるという気がつくづくする。
元気でゆっくり根気よくやってくれ。 岡本一平
太郎様」

『「母の手紙」 岡本かの子から、息子、岡本太郎への手紙』
朗読 「タロサン ボク あんまり手紙書かなくなったろ、ひまもだんだんナクなるんだけどボクはだんだんタロサン愛し出したんじゃないかな。
だって、手紙書き出すと、にわかに、アレコレと書き出したいことがむらがり出して、忙しい気持ち、むかむかしていやんなって途中でやめちまう。
ボクはこのごろ新進作家。あのね、文学賞もらったよ。
文壇にセンセーションを起こした一作をものしたさ。
ナニシロ手紙で書けないことでタローにはなし度(たい)ことがあんまり多くって手紙書いてるのがいまいましいよ。
タローのこと思ってフルエたり、ニヤニヤしたり、ときどきヒトリオドッタリ、泣くこともあるけど……
手紙あげようと思うけど何をかいてよいかわからないさ、「云わぬは云うにまさりけり」と云って頂戴。でもそのうち何かかくよ。」

世間の体裁や思惑など意に介さず、互いを芸術家として敬い高く生かし合った岡本一家。そんな深い絆で結ばれた親子を衝撃が襲います。母かの子に死が訪れたのです。残された父と子は、この衝撃と対峙し、芸術家としての信念と、家族を思う深い愛に満ちた手紙を往復させました。その一部をお届けします。

『「母の手紙」 母の死 岡本一平から 息子、岡本太郎への手紙』
朗読 「タゴシ(註:岡本太郎のこと)、お母さんは眠られた。なくなられたのだが死という字を使いたくない。単に眠られて眠りの中で修行されて又いつの世か僕たちに会いなさる。何かの形で。
こんな僕たちの心の髄に食い入って強い絆を結び付けて行ったおかあさんが死ぐらいの現象形式で縁を断ち切られるものではない。
きっと会いなさる。
タゴシ、僕という人間は臆病小心だが恐ろしいところもある人間だ。
一たん胸の奥まで拓いて信頼した女のためには嘗て、生涯を棒にふるのも平気なつもりの男だった。おかあさんという女はまたそうさせるに足りる相手だ。
おかあさんのために巴里の美酒を一杯捧げてくれ。そして飲んでくれ。
おかあさんの本が幾つも出るから一つ装丁してみる気はないか、あるなら画稿書いて送れ、早い方がいい、色数四色ぐらい。 パパ
タゴシ」

『「母の手紙」 岡本太郎から、父、岡本一平への手紙』
朗読 「四月六日 太郎
今手紙を受け取りました。僕の文面がそちらの手元に届く頃は、お父さんも相当に気を落つけているだろうと思います。
今までお父さんの全生活の中心であり対象であったお母さんを失って、日々何かにつけて悲痛な空虚を感じて、憮然たらざるを得ないだろうと想像します。
しかし、気を弱くするということはあくまでも、お父さんの敗北になることです。
お母さんは一つの聖火となって燃えつくして、美しい死をしました。なぜお母さんの死が美しかったのでしょうか。
普通に死ぬことは決して美しくはありません。お母さんの死は十字架を背負った死だから美しかったのです。
人生は意義ある悲劇です。それで美しいのです。生甲斐があるのです。
僕達がお母さんのように生き甲斐ある人生を迎えようとしているのに、惜々の情で日々を送るとはつまらぬことです。
お母さんが自ら観音様に則った(のっとった)ように、お父さんはお母さんに則って、はげしい生命をかがやかせて、身体のつづくかぎり戦うのです。
美しい生命を欲するなら、美しい死を欲するのです。美しい死はいけにえです。
お父さんが自分で云うおそろしい男を本当に見たいと思います。お母さんから享けた生命にみがきをかけて下さい。
では又。
「装丁」何か描いて送りましょう。」

文豪川端康成は、この書簡集の序文でこう記しています。この家族のありように私はしばしば感動し、時にはさんぎ(?)をした。稀代の前衛芸術家岡本太郎。その芸術のパッションの源流は、芸術家として既成概念にとらわれることなく息子を育てた父と母の深い愛なのかもしれません。

岡本太郎の死まで約五十年、常に傍らに付き添い、秘書として、実質的な妻として彼の人生を支え続けた女性、岡本敏子。強い絆で結ばれた二人の愛の言葉をお届けします。

『「愛する言葉」 岡本太郎 岡本敏子』
朗読 「愛してる。好き。何かしてあげたい。それだけでじゅうぶんじゃないの。
恋愛というものは、まったく”無条件”なんだ。
男は変に気負わずに、信頼する女に身を預けて欲しい。
それがどんなに人生を豊かにするか。」

提供(三脚に乗せたカメラを覗く吾郎、右からのアップ)